ハセガワ 1/72 YF-19 バルキリーを作る 3

スポンサーリンク
製作記

ハセガワから販売されているマクロスのプラモデル、YF-19 バルキリーを作ります。

作るプラモデルはこちらです。

ハセガワ マクロスプラス YF-19 1/72スケール

すでに塗装に入っているんですが、
今回はその前に追加で試行錯誤した箇所を制作記録として残しておきます。

場所は胴体上側にある、序盤に裏から接着することを推奨されている
吸気口(でいいのかしら?)の箇所についてです。

この箇所ですが、散々試行錯誤した後で、
説明書のとおりに作る必要が無いことに気が付きました😥

[Disclosure:記事内画像・テキストにアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

スポンサーリンク

胴体上部の吸気口の塗り分けは後から可能

今回取り上げるのはこの部分。

画像赤丸で囲ったのは胴体上部にある吸気口で塗り分けが発生する箇所です。

こういう箇所をなんと呼ぶのか正式な名称及びここが戦闘機のエンジン(内燃機関)に関わっているのかいないのかも私にはわかりません😥
調べたら内燃機関に関係するなら「吸気口」と呼んで、

ただ空気を取り込んでるだけなら「給気口」と書くのだとか。
バルキリーのパーツを見ると前から入ってすぐ後ろのスリットで抜けてるような感じで姿勢の安定に関わるところなのかなぁ?とも素人なりに考えたんですが、
一方で、わざわざ塗り分けが発生しているので内燃機関に関する箇所なのかも?とも思い、解釈に悩みました。
とりあえず以下は塗り分けを根拠に吸気口で行きたいと思います。
(間違ってたらスミマセン)

さて前置きが長くなりましたが、この箇所は

  • 塗り分けが発生し、しかもパーツは接着で止める形式
  • 胴体の上部は接着剤で止める必要があり当然合わせ目消し等の作業が入る
  • となると合わせ目消しや洗浄の工程が入るため、先に塗装してマスキングゾルなどで保護という手法は使えない(マスキングテープはパーツが奥まっているため貼るのは困難)。

となっています。

以上から私はこの箇所については

パーツ側面の接着箇所を切り飛ばして胴体裏に接着用の受け場を作っておいて、
最終的に前から差し込んで完成させる

という方向性を考えました。

作業の名残

もう載せませんけど、裏にプラ棒やパテで接着のための受けを作るなど試行錯誤をしました。

ですが、結論を言うとパーツの大きさや少し下げた位置に収める関係で
この箇所を前から押し込んで接着するのは不可能と判断しました。
また前から入れるためにパーツ自体を削って小さくすると今度は安定して接着することができません。

その後ウンウン唸ってどうしたものかと考え、ふと胴体をひっくり返してみると、

これ胴体接着後も裏から問題なく貼れるのでは…

ということに気が付きました(›´ω`‹ )

手順としてはこうなります。

タミヤの調色スティックに両面テープを貼りました。
で問題のパーツを貼り付けます。
⬆の画像では試行錯誤の過程でパーツ横の接着するための出っ張りを切ってしまってますが、ここは切らないほうが良いです(›´ω`‹ )

そのまま胴体の後ろから差し込んで接着します。

私はすでにピンを飛ばしてしまっているので
何らかの加工・対策をこれから考えたいと思います( -_-)

その後でバルキリーの足の部分を接着すれば隠れてしまうので問題ないでしょう。

ということで、胴体上部にある吸気口(仮)の塗り分け部分は説明書のとおりに作業はせず、後から接着する方法が良いと思います。

また接着の際は塗装後の塗膜を侵さないタイプの接着剤、
セメダイン ハイグレード模型用接着剤などが良いと思われます。

おわりに

進行具合は、すでにサーフェイサーを吹いて塗装に入っています。

サフを久々に吹いたんですが、感覚を忘れてしまっていて
塗面がザラザラになってしまいました😥

そこでホームセンターで買ってあった
三共理化学の4000番と6000番の研磨フィルムでサフ面を磨き直しました。

フィルムを小さくカットして消しゴムに巻きつけてゆっくりと撫でるように磨いていきます。

なお画像には映ってないけど、研磨シートは消しゴムにホチキスで止めた上で消しゴムカバーをしてあります。

ゴッドハンドの神ヤスなどにも番手の大きいものがあるので、それでも良いと思います。

ただ三共理化学のフィルムの方が圧倒的に面積が大きいのでコストパフォーマンスは大きく異なると思います( ・ᴗ・ )

とは言え神ヤスも耐久度は高いのでそう簡単にはヘタレないですけどね。


今回は以上です。
工作はもう終わったので後は塗装となります。

秋になって塗装しやすい環境になったので急いで仕上げたいところですが、
実は私、また体調不良になってしまって(前のが完全に治っておらずまた悪化した)
日常生活にも支障が出るような感じで、なかなかプラモ作業までは進みません😥

次回はいつになるかわかりませんがしばしお待ち下さい。

それでは👻


ハセガワ マクロスプラス YF-19 1/72スケール